「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

スペインに自社オリーブ園を持つ唯一の日本企業の搾りたて新油 数量限定で新発売 地域伝統希少品種「モルー種」の甘いりんごの香りが抜群 料理を選ばず使える風味バランス

日本オリーブ株式会社のプレスリリース

日本オリーブ株式会社は、2020年秋冬収穫分のエキストラバージンオリーブオイル トルトサを2月21日から、全国で数量限定発売します。1992年にスペインに自社農園を取得以来、高品質なオリーブオイル作りの技を培い、2015年には地元品評会で総合1位を受賞。この季節はその希少な品種の搾りたてを新油で味わえる貴重な機会です。今年は特に甘いりんごの香り、フルーティさ・快い苦みと辛みのバランスが良く、幅広い料理に使いやすい仕上がりです。

日本オリーブ株式会社は2020年秋冬収穫分のエキストラバージンオリーブオイル トルトサを、2月21日から、全国で約12,000本数量限定発売します。
 

エキストラバージンオリーブオイルトルトサエキストラバージンオリーブオイルトルトサ

エキストラバージンオリーブオイル トルトサは、日本オリーブ株式会社のスペイン自社農園の、地域伝統希少品種「モルー種」だけでつくられた最高グレードのオリーブオイルです。

日本オリーブ株式会社は、1992年にスペイン カタルーニャ州タラゴナ県トルトサ市郊外に45haの自社オリーブ園を取得しました。同地域で伝統的に栽培されてきた「モルー」種は、りんごの香りが快く、甘みもあり、日本人好みの風味が特徴です。最適熟度を見計らって収穫し、8時間以内に搾油をした新油を日本に持ち帰り、厳しく品質検査を行い、岡山県牛窓町の自社工場で瓶詰めをしています。
 

 

モルー種モルー種

コロナ禍により、2020年秋の収穫期は日本から現地に赴くことはできませんでしたが、現地日本人スタッフを通じて管理を詳細に把握しながら、オリーブオイルづくりに励んできました。今年は、程よく熟したリンゴ、バナナ、トマト、ナッツの風味のハーモニーが豊かで、甘みに加えてビターチョコレートのようなさわやかな苦み、ピリッとした辛みが楽しめ、オールマイティな用途に向いた味わいです。

お家時間を豊かに、暮らしの中にオリーブを。

【受賞歴】
2015年 第 31 回エブロ川 河口域産オリーブオイル品評会 個人生産者部門1位、総合1位
2017年 第 33 回エブロ川 河口域産オリーブオイル品評会 個人生産者部門1位
 

オイルオイル

【商品概要】
品名 エキストラバージンオリーブオイル トルトサ
発売日 2021年2月21日
容量価格 450g1本箱入り 3,240円 / 450g2本箱入り 6,480円 ※いずれも税込
販路 直営店(牛窓オリーブ園内売店等)、全国の特約店
公式HPより https://www.nippon-olive.co.jp/lp/torutosa2021/
電話によるお取り寄せ 0120-300-612(平日9~18時、土曜9~17時、日祝休み)

【日本オリーブ株式会社トルトサ農園概要】
トルトサ農園とは、スペイン カタルーニャ州タラゴナ県トルトサ市にある、日本オリーブ株式会社が所有する自社農園です。当社が、良質のオリーブオイルを得るために海外自社農園の候補地を探し求めていたところ、手入れの行き届いた本園と出会いました。1992年に地元の名士モンポ氏の紹介で譲り受けました。
 

トルトサ農園2020トルトサ農園2020

【企業情報】
第二次世界大戦中、岡山県有数の商家の第11代当主 服部和一郎は「食糧確保のため、山を芋畑に」と軍部から要請され、「芋畑にすると、瀬戸内の素晴らしい景観が損なわれる。オリーブは薬用になり、食用になり、灯火にもなる」と考え、1942年4月19日、開墾した阿弥陀山中腹に、平和の象徴オリーブを植樹しました。
1949年6月1日、日本オリーブ株式会社を創立と同時に、第一号商品「オリーブマノン バージンオイル」(オリーブ100%の純粋化粧用油)を発売。
日本でのオリーブオイル需要増に対応するため、1992年には世界一のオリーブ油生産国スペイン トルトサにも自社オリーブ園を開設し、現在、牛窓オリーブ園で10ヘクタール約2,000本、トルトサオリーブ園で45ヘクタール約3,100本の栽培・収穫・加工を生産者として行いながら、医薬部外品や化粧品の基礎研究、商品開発、販売など独自のノウハウで行っています。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。