2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

ブルボン、「チーズおかき」37年目の挑戦  チーズ感アップとプラスチックトレー不使用で 3月30日(火)に新登場!

株式会社ブルボンのプレスリリース

株式会社ブルボン(本社:新潟県柏崎市、代表取締役社長:吉田 康)は、香ばしく焼きあげたおかきでチーズクリームをサンドしたロングセラー米菓「チーズおかき」を、内容量は変えずにプラスチックトレーの使用をやめた包装形態として、2021年3月30日(火)に発売いたします。

チーズおかき

「チーズおかき」は、1984年の発売以来、多くの方から継続してご好評をいただいてきました。リング型と丸型のおかきを味わい深い醤油で仕上げ、まろやかなチーズクリームをサンドしました。

おかきの生地は、お米の香りが際立つ“もち米”を使用しています。加えて、リング型おかきの穴から、チーズクリームが見えることで外観からもおいしさが伝わるようにしています。また、チーズクリームは、原料の粒度を細かく均一にすることで、口溶け良く、なめらかに仕上げています。
今回は、チーズクリームにカマンベールチーズパウダーを加え、チーズの味・香りはもちろんのこと、コクとうまみをさらにアップしました。
食べやすいサイズではありますが、ふたくちで召しあがっていただくことで、チーズの風味がより引き立ち、おかき、チーズ、醤油の絡みあった絶妙なおいしさをお楽しみいただけます。

【商品概要】
商品名      :チーズおかき
内容量      :85g(個装紙込み)
発売日      :2021年3月30日(火) 全国発売
販売チャネル(予定):コンビニエンスストア、量販店、ドラッグストア、
          小売店、売店など
価格       :オープンプライス
賞味期限     :8カ月

【環境配慮活動】
当社が継続して進めてきている環境配慮活動の一環として、「チーズおかき」のプラスチックトレーの使用をやめ、体積を小さくしたeco包装を実現しました。
このたびのeco包装により、チーズおかきのプラスチック使用量は、年間約19トンの削減になる ほか、販売店様での陳列の効率向上、プラスチックゴミ削減や物流エネルギーの軽減にもつながると考えています。これは当社が目指している持続可能な未来社会へのアプローチとして、SDGs(2030年までに持続可能でより良い世界を目指すための国際目標)に掲げられているうちの、次に示す目標に関連するものと考えています。
豊かな自然環境を次世代に受け継ぎながら、経済的な発展を実現するミッションに引き続き取り組んでまいります。

ノートレーリリースSDGsマーク集合

【ブルボンオリジナル「eco包装マーク」について】
ブルボンが取り組んでいる環境配慮の商品であることを示します。
ハートをイメージさせるマークには、“思いやり”と“やさしさ”の気持ちを込めました。
思いやりのあるやさしい気持ちから自然環境を大切にする行動が「芽生える」、それが重なって「滞りなく循環する=良い環境」を一筆書きで表現しました。下からマークを包む月桂樹の葉で“全ての生態系の共栄”を加え、人間と全ての生きものとの共存、繁栄の願いをコンセプトとしました。

ECO包装マーク(ノートレー)

当社は、これからも食品製造企業として「品質保証第一主義」に徹するとともに、継続した活動を通じて社会の一員としての役割と責務を果たしながら、“心と体の健康づくり”をテーマにずっと続く笑顔を目指して取り組んでまいります。

【この件に関するお客様のお問い合わせ先】
株式会社ブルボン お客様相談センター
Tel:0120-28-5605

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。