2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

障害福祉×果物販売の協業で、唯一無二の無人販売所が誕生!

株式会社ニューモアのプレスリリース

株式会社ニューモア(本社:東京都三鷹市 代表取締役:YORIKO(宮島 依子))企画運営、障害ある人々の絵を商業デザインに展開する事業「想造楽工」。国産フルーツ販売を行う株式会社EAT MEの事業「KUDAMONO販売所」のデザインを担当しました。

  • 概要

「枠を超える創造を一緒に」
をモットーに、福祉作業施設利用者の描く絵を商業に落とし込むデザインチーム想造楽工
「日本の治安を信じて無人販売を続ける」

「日本の果物をSUSHIやSAKEのように世界に通用するジャンル『KUDAMONO』にする」
の信念の元、国産フルーツを新たな手法で販売する株式会社EAT ME(代表取締役:中村 直登)が東京都内に展開する無人販売所「KUDAMONO販売所」のリニューアルデザインを制作いたしました。

小金井市住宅街に設置されたKUDAMONO販売所小金井市住宅街に設置されたKUDAMONO販売所

果物のイラストレーションは、八王子市の就労継続支援B型事業所「しあわせのたね」利用者である菅光輝さん。
多摩産材を使用した木材の什器は同八王子市の木工職人「木工房三澤」さんの設計・制作です。

 

 

障害福祉×果物販売×木工職人のコラボレーションによる、全く新しい無人販売所が誕生しました。
菅さんの描く、のびのびとした和やかなイラストレーションが高品質のフルーツ・什器と融合し、
オリジナリティあふれる世界観を演出します。
日本の国民性、土地性を信じた試みである24時間オープンの無人販売所。
今後都内を中心に、様々な場所で展開していく予定です。

 

  • 想造楽工(そうぞうがっこう)とは

株式会社ニューモア主宰の、障害を持つ方々をイラストレーターとして迎え協働するデザインチーム。
福祉作業施設に通う利用者と一緒に絵の制作をし、デザインアレンジを加え商業に展開させます。
障害福祉のフィールドを超え、商業としても通用するものを作り身の回りに落とし込むことで、
障害者就労支援・新たな価値創造を目指し2020年秋に誕生しました。
自社プロダクト開発のほか、様々な企業、福祉作業施設とのコラボレーションを実施しています。
 

2020年に販売したプロダクト2020年に販売したプロダクト

複合商業施設「八王子オクトーレ」仮囲い複合商業施設「八王子オクトーレ」仮囲い

絵の制作風景絵の制作風景

原画を元に模写するようす原画を元に模写するようす

●想造楽工
公式サイト|https://sozogakko.com
公式Instagram|https://instagram.com/sozogakko_official

●株式会社EAT ME
本社所在地|東京都文京区本郷3-4-3 ヒルズ884お茶ノ水ビル5階
代表者|中村直登
WEBサイト|https://www.eatme.co.jp/

●お問い合わせ先
株式会社ニューモア(想造楽工主宰:企画・制作・デザイン)
本社所在地|東京都三鷹市上連雀
設立日|2020年4月1日
代表者|YORIKO(宮島依子)
WEBサイト|https://www.newmor.net

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。