2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

LEOC×横浜FC 「ちきゅうにもからだにもやさしいプロジェクト」始動のお知らせ

株式会社横浜フリエスポーツクラブのプレスリリース

この度、横浜FCと株式会社LEOC(代表者:田島 利行 所在地:東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル16階)は、「食を通じた社会貢献」をテーマにした新たな共同事業として「ちきゅうにもからだにもやさしいプロジェクト」を開始いたしましたのでお知らせします。

今回第一弾の取り組みのテーマは「地産地消」。横浜FC・LEOCトレーニングセンター内にあるで選手に神奈川県産の野菜を使用したメニューを提供いたしました。また横浜FC C.R.O(Club Relations Officer)の内田 智也が野菜生産者の皆様へ伺い、実際の収穫などを体験いたしました。今後も様々な取り組みを行っていく予定です。

概要は以下の通りです。

■LEOC×横浜FC 「ちきゅうにもからだにもやさしいプロジェクト」

・今回の取り組みの背景:
横浜FCは2019年に神奈川県より「かながわSDGsパートナー」認定を受け、地域とともにSDGs(持続可能な開発目標)の普及啓発に取り組むことと合わせて、スポーツおよび健康づくりの分野で、横浜FCに関わる全ての皆様に貢献できる活動に努めてまいりました。

今回、同じONODERA GROUPにおいてフードサービス事業を展開するLEOCと、スポーツ・エンターテイメント事業を担う横浜FCがコラボレーション。地球環境にやさしくサステナブルな取り組みを行うことで、お互いがより社会に必要とされる存在となるため、本プロジェクトを推進してまいります。

 

・具体的な取り組み:
今年3月に、神奈川県三浦市の「みくりな農園」様および横須賀市の「ブロ雅農園」様の野菜を使用した「Vegan無水ボロネーゼと三浦野菜のサラダ ~人参酵素ドレッシング~」を、LEOCダイニングにて提供いたしました。こちらのメニューは地元地域の野菜を使用した地産地消の取り組みであると同時に、動物性の食品を一切使用しないことで、健康にも地球環境にもやさしいものとなっております。

またその翌日には、内田C.R.Oが両農園を訪問。農業に込めた想いをお聞きしながら、実際に収穫体験をさせていただきました。

<Vegan無水ボロネーゼと三浦野菜のサラダ ~人参酵素ドレッシング~>

◆株式会社LEOC 総調理長(専務執行役員)柳原 健良 様のコメント
「私たちは横浜FCを食でサポートし、選手の健康や活力につながり、チームがより活躍してくれることを願って取り組んでいます。また、こうしたコラボレーションを通して、横浜FCを含め、ONODERA GROUP全体の連携で社会に貢献できるよう努めています。

今回の取り組みでは、まず地産地消の食材である三浦野菜を使っていくことを意識しました。そしてフードロス対策を意識して、ブロッコリーの茎やニンジンの皮までボロネーゼの中に使っています。またその野菜からしっかりと旨味を引き出せるよう、約2時間煮込んでいます。調味料は最小限にして、人工的な味ではなく、野菜の旨味と塩分を最大限に生かし、全体としてやさしい味に仕上げました。

今後はこの取り組みがしっかりと持続可能になるよう構築していきたいです。横浜FCにとっていい、地元農家にとってもいい、LEOCにとっても、横浜FCのファン・サポーターにとってもいい、継続できる形を目指していきます。」

 ◆株式会社LEOC 管理栄養士・宮澤 理恵様(メニュー監修)のコメント
「今回はLEOCにおけるSDGsへの取り組みを意識しつつ、選手に美味しく召し上がっていただき、しっかりと身体づくりに貢献するメニューにしたいと思いながら取り組みました。メニューでは脂質を抑えつつ、選手の身体づくりや練習後のリカバリーにつながるたんぱく質や栄養素を確保することを意識しました。

私自身神奈川県出身で、2017年までLEOCダイニングに勤務しながら選手の栄養サポートを行っていましたので、今回このような形で横浜FCや地元地域に貢献することができ、うれしく思っています。」

<柳原 健良総調理長と中村 俊輔選手>

<内田C.R.Oとみくりな農園の皆様、ONODERA GROUPエグゼクティブシェフ 杉浦仁志 様>

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。