2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

創業者ジョン・ウォーカーが歩み始めて約200年、受け継がれた歴史を楽しめる「ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド」を数量限定で発売

キリンホールディングス株式会社のプレスリリース

 キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、ディアジオ社(英国)が所有する、世界No.1※スコッチウイスキーブランド「ジョニーウォーカー」から、「ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド」を5月18日(火)より数量限定で全国発売します。
※ IMPACT DATABANK 2019に基づく販売数量

 「ジョニーウォーカー」はこれまでも定番品に加え、個性豊かな数量限定品を数多く発売してきました。複層的でバランスの良い味わいが多くのお客様に支持されており、2021年1-3月の販売数量は前年増となるなど、好調に推移しています。
 また、当ブランドはその歩みになぞらえ、同じように前向きに歩み続ける人を応援するメッセージとして“KEEP WALKING”を掲げています。創業者ジョン・ウォーカーが1820年に歩み始めて約200年が経ちますが、その歴史を中味とパッケージの両方で楽しめる商品として「ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド」を発売します。どんな時代でも前向きに歩み続ける人々を応援し、受け継がれた歴史を親子でも楽しめる、父の日のギフトに最適な商品を提案することで、ウイスキー市場の活性化を目指します。
 

 

 

<「ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド」商品概要>
●中味について
1860年代に誕生した「オールド・ハイランド・ウイスキー」に着想を得て、当時稼働していた蒸留所の原酒のみをブレンドしました。特長的なアルコール度数の51%も、当時のウイスキーにちなんで設定しました。ドライフルーツのような甘みから始まり、かすかなスパイスとローストしたナッツ、柔らかいペッパーの余韻とともにブランドの歴史をお楽しみいただける商品です。

 

●ボトルデザインについて
特長的な「四角いボトル」と「斜めラベル」が最初に採用された商品です。この「発明」は一目でブランドを認知することを可能にし、その後「ジョニーウォーカー」が世界で最も飲まれているスコッチウイスキーとなる上で大きな役割を果たしました。

●ボックスデザインについて
1820年にジョン・ウォーカーが歩み始めましたが、その第一歩は、スコットランドのキルマーノックに開業した雑貨店でした。「セレブラトリー・ブレンド」のボックスには、この雑貨店が描かれています。ボックス入りなので、ギフトとしてもおすすめです。
<「オールド・ハイランド・ウイスキー」とは>
1860年代に、異なる個性の原酒をブレンドすることで得られる奥深い味わいをより多くの方に楽しんでいただくため、大型船の船長をアンバサダーに任命して海外に輸出しました。この、世界へと歩み出した商品の一つが「オールド・ハイランド・ウイスキー」であり、「セレブラトリー・ブレンド」の着想の起点となった商品です。

 キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

-記-
1.商品名           「ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド」
2.発売日           2021年5月18日(火)
3.発売地域          全国
4. 容量/容器         700mlびん
5.価格            オープン価格
6.アルコール分        51%

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。