2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

新型コロナウイルス「388日感染者0」のマカオに和牛を販売!マカオに焼肉も楽しめる日本料理店オープン!料理長募集!!

宏福商事合同会社のプレスリリース

和牛や清酒など日本食品と衛生用品を中心に貿易を手がける宏福商事合同会社(本社:東京都荒川区)は、マカオ提携企業へ和牛を輸出している関係があり、この度、マカオに5月オープン予定の日本料理店で料理長として働いていただける方を募集しております。
▼宏福商事合同会社公式ホームページ:http://www.kofukutrading.com

  • 同系列の洋食・中華高級レストラン

​洋食・中華レストラン:広東、四川、上海、東北料理、ポルトガル風味のシーフード鍋、南北の定番料理など
営業時間:10:00-23:00
料理:新鮮なシーフード、ヨーロピアンスタイルの洋食、和牛ステーキ、スナック類、アフタヌーンティー、外国産ワイン。 

日本から輸出されたA5ランク近江牛のリブロース

 

  •  募集要項
【業務内容】: 正社員(5月オープン予定の和食レストラン料理長候補)
寿司、天ぷらなどの一品料理及び焼肉など
【給与】: 要相談
【勤務地】: マカオ
【渡航費】: 支給

 

 

 

  • マカオ精肉加工工場

​2019年に完成したマカオの精肉加工工場で、この施設で日本牛肉が加工され、レストランに送られます。
 

 

  • マカオの新型コロナウイルス状況

2021年4月20日マカオ新聞によると、マカオ政府新型コロナウイルス感染症対策センターは4月19日午後5時(現地時間、以下同)から週に一度の定例記者会見を開催。同日までマカオの市中における新型コロナの感染確認は輸入性または輸入関連性事案のみで、市中における感染伝播事案は出現していない。市中感染確認例は無症状感染者を含めて386日連続ゼロとなった。輸入性事案に関しては12日連続ゼロ。

これまでの累計感染確認者(患者)数は49人で、47人が域外からの輸入性、2人が輸入関連性事案。院内感染、死亡例ともゼロを維持。

 

  • マカオ向け日本産牛肉の輸出について

2020年6月8日から骨付き牛肉を含めた全ての月齢の牛肉輸出が可能となった。
マカオでは新コロナウイルスウイルス感染者はいなくカジノは営業再開しているが、顧客は減少しているものの、和食ブームとなっており、日本料理店や日本食材を使用するレストランが増えてきている。
現在は、近江牛や佐賀牛などの輸出を行なっているが、今後その他の品種についても輸出していきたい考え。

【宏福商事合同会社について】
本社:〒116-0011 東京都荒川区西尾久6-13-6-A103
設立:2018年12月
URL:http://www.kofukutrading.com
事業内容:貿易業

【料理長応募及び一般の方のお問い合わせ先】
企業名:宏福商事合同会社
担当者名:関
TEL:090-2382-8021
Email:info@kofukutrading.com

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。