2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

S&Bフレッシュハーブ生産拠点の体制強化「エスビーハーブセンターつくば」ハーブ商品※1 出荷能力約1.5倍へ 4月26日 新棟竣工

エスビー食品株式会社のプレスリリース

エスビー食品株式会社は、創業100周年にあたる2023年に向け、「生産体制」のさらなる強化を目指し、当社のフレッシュハーブ生産拠点「エスビーハーブセンターつくば」において新棟を竣工し、5月から稼働を開始します。
※1.ベビーリーフを除く

新棟外観新棟外観

竣工式の様子竣工式の様子

1.新棟建設の目的

エスビー食品グループは、企業理念※2「食卓に、自然としあわせを。」のもと、安全・安心な商品を生産し、お客様にお届けすることにより、食卓から幸せな生活と豊かな社会づくりに貢献したいと考えています。この理念のもと、第2次中期経営計画(2020~2022年度)の重点施策である「スパイス&ハーブに関する事業のさらなる強化」「製品を通じた健やかな生活への貢献」に取り組んできています。
この度の当社フレッシュハーブ生産拠点の1つである「エスビーハーブセンターつくば」における新棟建設により、「生産体制の強化による生産性の向上」を追求します。
※2.企業理念・ビジョンについては、下記URLをご参照ください。
https://www.sbfoods.co.jp/company/profile/policy.html

2.今後の展開
・外部産地からの原料納品を進め、生産数量増を目指す
現在「エスビーハーブセンターつくば」では、センター内で生産されたハーブを中心にパッキングし、出荷しています。
新棟建設により、今後は関東エリアを中心とした外部産地からの原料納品を積極的に進め、2024年にはハーブ商品※1について、現状の約1.5倍の出荷額を見込み、生産体制のさらなる強化を図ります。

3.新棟の概要

4.当社フレッシュハーブ事業について
エスビー食品の創業理念は「美味求真」。お客様の喜びのための本物のおいしさを追求することです。
この理念を受け継ぐなか、日本人の食のニーズが多様化する時代に生のハーブがもたらす本物のおいしさや香りを食卓にお届けすべく、エスビー食品の「フレッシュハーブ」事業は始まりました。
1987年に初出荷し、当初5品目(スィートバジル、セージ、タイム、イタリアンパセリ、ディル)だったハーブも、今では30品目を超え、国内最大規模の出荷団体となりました。
これからもフレッシュハーブの可能性を追求しながら、ハーブのおいしさを様々なカタチでお客様にお届けしていきます。
<S&Bフレッシュハーブ ブランドサイト>
https://www.sbfoods.co.jp/freshherb/

【お問い合わせ先】<報道関係者様>
エスビー食品(株)広報・IR室
〒104-0032東京都中央区八丁堀1-3-2 八丁堀ハーブテラス
TEL. 03-6810-9790

<一般のお客様>
エスビー食品(株)お客様相談センター
〒174-8651 東京都板橋区宮本町38-8
フリーダイヤル:0120-120-671
受付時間:平日 午前10時~午後4時
(土・日・祝日、夏期・年末年始等の当社休業日を除く)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。