2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

今年1月オープン、大阪・堺筋本町「スタンド クルキタ」 4月28日(水)に猟師直送ジビエ料理など新メニュー登場

スタンド クルキタのプレスリリース

=気軽に一皿から楽しめる立ち飲みレストラン=

2021年1月オープン、ジビエ料理などを気軽に一皿から楽しめる立ち飲みレストラン「スタンド クルキタ」(所在地:大阪府大阪市中央区)は、4月28日(水)より、丹波篠山の猟師から直送のジビエ料理をはじめ、フレンチやイタリアンを取り入れた本格的な味わいの新メニューを追加いたしました。

本州鹿のロースト カシューナッツのピュレ マデラソース

公式インスタグラム: https://www.instagram.com/kurukita_stand/

■農林水産省も「ジビエ」を推進
「ジビエ」とは狩猟で捕獲した野生の食用動物(鴨・鳩・鹿・熊・うさぎ・猪・その他)のことです。フランスなどのヨーロッパでは高級食材として知られ、日本では一部のレストランやビストロ等で口にすることができます。あまり馴染みのないジビエ料理ですが、その野性味と滋味あふれる味わいは格別です。また農村地域に深刻な農作物被害(年間損失額約158億円)をもたらす野生鳥獣の捕獲後の有効活用や、地域振興・町おこしの観点から、農林水産省もジビエ料理を推進しています。国内のジビエ利用量を令和7年度に倍増させる目標(約4,000トン)を「第28回農林水産業・地域の活力創造本部(令和2年6月26日)」において制定。令和元年度に処理されたジビエ利用量は2,008トン、平成28年度と比べて1.6倍に増加しています。(※)
(※農林水産省 農村振興局「捕獲鳥獣のジビエ利用を巡る最近の状況」令和3年4月)

■「軽く一杯」から「しっかりお食事」まで
猟師から直接仕入れる兵庫県丹波篠山の鹿をはじめ、フランス産の鳩やうさぎなど、野性味を感じるジビエ料理を約10種類取り揃えました。ほか、懐かしのナポリタンやポテトサラダなど定番料理も人気、フォッカチャやカンパーニュも毎日お店で焼き上げています。「軽く一杯」から「しっかりお食事」まで“ビストロのクオリティを、気軽な立ち飲みスタイルで”がモットーです。立ち飲み&換気や消毒、コロナ対策に留意した店内で安心してお料理をお楽しみいただけます。

一皿から楽しめる立ち飲みレストラン「スタンド クルキタ」

【新メニュー 例】
本州鹿のロースト カシューナッツのピュレ マデラソース/1,650円(税込)
フランス産 鳩のロースト 赤茄子 サラミソース/1,980円(税込)
ウサギのレバーペースト/473円(税込) その他

フランス産 鳩のロースト(左)など「スタンド クルキタ」の新メニュー(一例)

【テイクアウトメニュー 例】

フランス産 鴨のロースト グリーンペッパーソース(左)とアンガスビーフのロースト

フランス産 鴨のロースト グリーンペッパーソース/930円(税込)
(レッドマスタードリーフ・サラダ・キャロットラペ・マッシュポテト・ターメリックバターライス)
アンガスビーフのロースト/930円(税込)
(サラダ・赤茄子のグリル・甘長とうがらし・マッシュポテト・ターメリックバターライス)
オードブルA/1,100円(税込)
(キャロットラペ・レバーペースト・サーモンコンフィ・キッシュ)
オードブルB/1,100円(税込)
(レンズ豆のサラダ・ポテトサラダ・リエットサンド・牛タンコンフィ)
うさぎのコンフィ/2,200円(税込)
猪のプティサレ/2,640円(税込) その他

■店舗概要
店名  :スタンド クルキタ
住所  :大阪市中央区博労町1-2-17 ※堺筋本町より徒歩5分
営業時間:ランチ 11:30~15:00/ディナー 15:00~24:00
     ※緊急事態宣言中は20時閉店
定休日 :日曜日
公式インスタグラム: https://www.instagram.com/kurukita_stand/

■会社概要
会社名 :株式会社Vivente
所在地 :大阪府大阪市中央区石町1-2-1-1F
事業内容:飲食店業、飲食店コンサルタント業

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。