2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

「麻辣祭り」開催!麻辣ガパオや麻辣カレーラーメンなど タイ料理のS.S.C、初夏メニューを提供開始! 5月1日~6月末まで

株式会社SUU・SUU・CHAIYOOのプレスリリース

~初夏に悶絶する3種の辛さ体験~

「クルン・サイアム」「オールドタイランド」など、本格タイ料理店を都内に4ブランド15店舗を展開している株式会社SUU・SUU・CHAIYOO(スー・スー・チャイヨー/所在地:東京都目黒区駒場3-5-18)は、5月1日(土)より12店舗にて初夏の季節メニューを販売いたします。夏の食材「トマト」と自家製麻辣を掛け合わせた「赤ガパオ」をはじめとした、3種の麻辣タイ料理がラインナップします。
辛さ自慢に方にお試し頂きたい、徹底した辛さのこだわり品です!

5月1日より提供する「麻辣祭り」ポスター

【自家製麻辣とは】
主にタイ北部で食べられている「タイの麻辣」です。自社焙煎をして香りを引き出した唐辛子に、花椒、パクチーの種やひはつを加え、オリジナルの麻辣を作りました。痺れる辛さのあとに、鼻から抜ける爽やかな香りが特徴です。

【商品概要】
<「赤ガパオ」>
価格  :1,300円(税込)
提供期間:5月1日~6月29日
真っ赤に見た目から「赤ガパオ」と命名した、新しいガパオです。フレッシュトマトと水煮のトマトの2種を入れ、酸味をもたせることで、麻辣の香りを引き立たせました。ライスを卵麺に変更(無料)し、麻辣バミーガパオ(麻辣ガパオ焼きそば)として味わうこともできます。辛さと酸味のハーモニーで、食欲倍増間違いなし!の一品です。

赤ガパオ

<「麻辣ガイガティアム」ディナー限定>
価格  :1,180円(税込)
提供期間:5月1日~6月29日
タイの調味料で下味をつけた鶏モモ肉を揚げ、仕上げにニンニクと麻辣を加え、炒め合わせました。強い火力と中華鍋を使用しているからこそ、味わうことが出来る豊かな風味は、辛さと香ばしさが詰まった一品です。おつまみとしても最高な味付けなので、テイクアウトやデリバリーにて、冷えたビールと共にお楽しみいただきたいです。

麻辣ガイガティアム(1)

麻辣ガイガティアム(2)

<「激辛カオソイ」>
価格  :1,200円(税込)
提供期間:5月1日~6月29日
タイ北部の名物料理「カオソイ(チェンマイカレーラーメン)」に麻辣を加えました。2019年の夏メニューとして販売した麻辣使用商品のリバイバルです。再販にあたり、麻辣の配合を変え、より麻辣の刺激と香りをお楽しみいただけるように改良しました。真っ赤な見た目ですが、麻辣がココナッツミルクと鶏肉の甘さを引き立てていて、「辛い!」よりも「旨い!!」な一品です。

激辛カオソイ

提供店舗   : 「クルン・サイアム」
         自由が丘店、吉祥寺店、六本木店、中目黒店、大井町店
         「オールドタイランド」
         新橋店、GEMS市ヶ谷店、飯田橋店
         「タイ料理研究所」
         渋谷店、下北沢店
         「タイストリートフード」
         池袋店、六本木ヒルズ店
店舗詳細の一覧: http://www.sscy.co.jp/shopinfo.html

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。