予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

【成熟市場における市場機会の発見】シーン別ニーズから新しい市場を創造

NRCのプレスリリース

日本リサーチセンター(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:杉原領治)は、成熟市場において市場創造・拡大を支援するため「シーン別ニーズからみた市場機会の発見分析サービス&レポート」を2021年6月7日(月)より開始。

【市場環境・市場拡大の切り口】
 市場が成熟し、商品間の差別優位性が少ない状況では、消費者のニーズは既存の商品で満たされており、市場の拡大を期待することは難しい環境です。

 消費者が商品・サービスを選択する場合に、そこには普遍的なニーズが存在しています。それと同時に、時間・場所・場面で変化していくシーン別ニーズ(場面ニーズ)が存在します。

 新しい市場を創造するためには、これまでとは異なった場面でのニーズや、一部の消費者が好んで利用していた場面でのニーズを拡大していく事が極めて重要になります。

【アイスクリームのシーン別ニーズ】
私ども日本リサーチセンターは、シーン別のニーズを分析し、どのような市場機会の発見につながるのかを「アイスクリーム」を題材に調査しました。

■サービス詳細ページ: http:// https://www.nrc.co.jp/report/210607.html

【分析サービスのステップ】
① アンケートにて消費行動に関する定量データと自由記述による消費体験に関する定性データをにて取得。
 現市場と今後の市場規模、特定のシーンにおいて顧客が求めていることを把握
   ▼
② シーン別ニーズの構造化により、シ-ン別のアイスクリームの価値を熟考
   ▼
③ ワークショップの参加者でアイデア発想フレームワークを行い、新しい市場機会をつくる商品とプロモーションのアイデアを発想

【結果の要約】
1.シ-ン別にみたアイスクリームのニーズ構造
アイスクリームのニーズ構造をみると、身体的効果は、「①活性化」と「②クールダウン」の相反する2つの効果に分かれる。
「①活性化」は以下のニーズにつながっている。
・「③エネルギーチャージ」→「④高カロリーの背徳感」「⑤食事の代替え」
・「⑥⑦コミュニケーション」→「⑧特別な時間を演出」「⑨優雅な場を演出」
「②クールダウン」は以下のニーズにつながっている。
・「⑬⑭⑮心の健康」→「精神的に満たされる」

2.アイスクリームの新しい市場機会の発見
アイスクリームが現状では食べられていないが、今後に需要が伸びる事が期待できる「食事代わり」というシ-ンに着目すると、1人暮らしのビジネスマン・OLが朝の準備が忙しい中で、機能性食品としてのアイスクリームを手軽に食べるようなアプローチが考えられる。

【調査レポートの詳細は下記でご覧いただけます】
https://www.nrc.co.jp/report/210607.html
 ※社内外資料への引用の際は、ご一報をお願い申し上げます。
  ぜひ、御社の商品・サービスでこの分析サービスを実施してみませんか。

【詳細パンフレット】

【お客様からのお問い合わせ先】
担当:マーケティング事業開発部 廣澤
Mail:nrc_mbd@nrc.co.jp

【日本リサーチセンターについて】
日本リサーチセンターは、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、マーケティングリサーチ(市場調査),世論調査の実施、および、世界各国に調査拠点を置く「GIA」&「WIN」の日本で唯一のメンバーとしてグローバルネットワークに参加し、海外調査にも豊富な経験を有しています。

【会社概要】
会社名:  株式会社 日本リサーチセンター
所在地:〒130-0022
    東京都墨田区江東橋4-26-5東京トラフィック錦糸町ビル
代表者:杉原 領治
設立:1960年12月24日
URL:https://www.nrc.co.jp
事業内容:内外の市場および世論などに関する調査・研究とその受託
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。