予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

~デジタルスキルを活用して、ビジネスの現場で課題解決・価値創造できる会社へ~ DX人材育成プログラム「キリンDX道場」を7月から開校

キリンホールディングス株式会社のプレスリリース

 キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典)は、DX人材の育成に向けたデジタルリテラシー及びスキル向上のプログラム「キリンDX道場」を、キリングループ従業員を対象に7月から開始します。

 キリングループは、長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027(KV2027)」の達成に向けて「価値創造を加速するICT」の実現を掲げ、AIを活用した生産現場での効率化をはじめとして、さまざまな取り組みを進めてきました。その一方で、デジタルスキルは特定のデジタル・ICT部門に偏り、営業・生産・物流などの現場社員に定着していない状況にありました。
 今回の「キリンDX道場」は、現場で働く従業員が、当社内のデジタル・ICT部門、ならびにパートナー企業と作成したキリングループのオリジナルカリキュラムです。デジタルスキルを主体的に学び、身に着け、実際の事業活動において課題解決・価値創造に結び付けることを目的に7月から開校します。現場の課題に合わせてデジタルを活用できる人材を増やすことで、今までの業務プロセスをよりスピーディーに変革することができます。
 コースはレベル別に「白帯」「黒帯」「師範」の3段階※で設定し、まずは「白帯」「黒帯」の2コースでスタートします。各コース、オンラインライブ講座を2~3講座受講の後、認定試験を合格することで完了となります。講義内容は外部デジタルトレンドに合わせて定期的に更新し、受講者にも継続的が「キリンDX道場」を受講できる仕組みを構築することで、デジタルスキルの定着を図ります。
※「黒帯」「師範」は、「白帯」を取得した後に受講することを想定

  今回の募集では150人のDX人材育成を計画していましたが、応募総数は750人を超え、想定の5倍以上となりました。「DX道場」は、今後も継続的に開催して募集を行い、2024年までにノーコードアプリやBIツールなどのデジタルテクノジーを活用した、業務プロセスの変革による生産性向上・新たな価値創造を推進できるDX人材を合計1,500人まで拡大します。

■DX道場コース内容

【白帯】(初級)
デジタル活用基礎講座・データサイエンス基礎講座を開講する。キリングループにおけるデジタル活用の必要性を認識し、デジタルを活用した解決策を考えられるようになることや、基礎的なデータ分析ができるようになることを目指す。
 

講義イメージ講義イメージ

【黒帯】(中級)
ダッシュボード活用講座、AI・機械学習活用講座、ノーコードアプリ活用講座を開講する。デジタル部門との連携により、デジタルテクノロジーを活用した業務効率化ができるようになることを目指す。

【師範】(上級)
テーマ別(営業・SCMなど)に講座を開講する。担当領域における高いデジタルリテラシーを身に着け、全社・部署レベルのDX推進を先導できるようになることを目指す。

 キリングループはDX人材の育成を進め、さまざまな分野でDXやICTの取り組みを加速させることで新たな価値やイノベーションの創出を目指します。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。