予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

「本気のハーブスイーツ」開発、老舗菓子メーカー×老舗ハーブ農園のプロジェクトが始動

株式会社鈴木栄光堂のプレスリリース

 株式会社鈴木栄光堂(本社:岐阜県大垣市、代表取締役CEO:鈴木伝)は、老舗ハーブ農園「ポタジェガーデン」とタッグを組み「本気のハーブスイーツ」開発プロジェクトを始動しました。ハーブ栽培から、原料加工・菓子製造まで一貫して取り組むプロジェクトです。

 鈴木栄光堂では「お菓子は心を満たすもの」をスローガンに、お腹だけでなく心も満たすお菓子作りを続けています。食べ物の安心安全が当たり前となり、おいしいものが飽和状態となった今、私たちに何ができるだろう。そんな思いから、単なる菓子製造からさらに一歩踏み込み、原材料からその加工までとことんこだわった「本気のハーブスイーツ」開発プロジェクトを始動いたしました。
 

 

ポタジェガーデンにて丁寧に手摘みされた直送ハーブを、鈴木栄光堂自社工場にて加工ポタジェガーデンにて丁寧に手摘みされた直送ハーブを、鈴木栄光堂自社工場にて加工

 鈴木栄光堂では本プロジェクト開始にともない自社工場に蒸留施設を設置。ポタジェガーデンから直送されたハーブを自社蒸留施設にて加工することにより、畑からお菓子ができるまで、一貫して自分たちの目で見届けることが可能になりました。

 

  • 今後の動き

 2022年春に本気のハーブスイーツ第一弾として、「ローズマリーキャンディ」「レモングラスキャンディ」を発売予定。今後もさらに鈴木栄光堂の豊富な生産技術で、ハーブの魅力をお届けする本気のハーブスイーツに取り組んでまいります。
 

  • プロジェクト参加メンバー

株式会社 鈴木栄光堂
 1877年創業の菓子メーカー。キャンディ、チョコレート、クッキー、和菓子、冷凍ケーキなど幅広い菓子の製造を手掛ける。「おかしは、お腹ではなくココロを満たすもの。それが私たちの真ん中にある考えです。美味しくて、安全であることは当たり前。鈴木栄光堂はおかしで世界を楽しくするために、想像力を働かせ、小さくても魅力的で輝く存在を目指し続けます。」
https://www.s-eikodo.co.jp/

 

株式会社 ポタジェガーデン
 1986年の創業以来、一貫してハーブの苗とフレッシュハーブを生産・販売しているハーブ専門ファーム。土・太陽・風の恵みを最大限に活用した土耕栽培で、自然の力を蓄えた力強い香りのハーブを生産。

 

株式会社 HERBiS 小早川 愛
 (株)HERBiS代表取締役社長。日本薬科大学「漢方アロマコース」講師。ハーブ料理をはじめとするハーブ活用方法を伝授するハーブコンシェルジュ。TV、雑誌、新聞など数々のメディアに出演。産経新聞にて「ハーブと暮らす」を連載中。2021年より(株)鈴木栄光堂のハーブアドバイザーとして本プロジェクトに参加。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。