予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

スターバックス国内店舗で、2021年9月より順次フラペチーノ(R)をFSC(R)認証紙ストローで提供 店舗で提供するすべてのストローが紙製に

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社のプレスリリース

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社〔本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO):水口貴文〕は、2021年9月より順次*1、すべてのフラペチーノ(R)をFSC(R)認証*2紙ストローで提供することを発表いたします。
フラペチーノ(R)に多く使用している太い口径のストローも紙製に変更することで、スターバックスの店舗で提供する使い捨てストローはすべて*3 FSC(R)認証紙製となります。なお、今回提供するストローは、より良いスターバックス体験をお届けするため、強度や耐久性を更に高め、仕様の改良を行ったものです。この素材変更が完了することにより、年間約2億本分のプラスチックストローの削減につながります。引き続き、フラペチーノ(R)以外のアイスビバレッジ23品目については、ストロー不要のリッドにて提供いたします。
スターバックスは、日本およびグローバル全体で、2030年までに廃棄物・CO2排出量を50%削減する目標を掲げ、「Reuse(再利用)」「Recycle」を含めた様々なアングルから、使い捨てプラスチック削減の取り組みを進めています。

*1 提供開始時期は、各店舗の在庫状況により前後いたします。
*2 スターバックスはFSC(R)ライセンスナンバー、FSC(R) N002500を取得しています
*3 お子様用の曲がるストローやチルドカップ付属のストローを除く

*森も人も持続可能に。ストローやカップに採用しているFSC(R)認証とは?

オウンドメディア「スターバックス ストーリーズ ジャパン」で詳しくご紹介しています。
https://stories.starbucks.co.jp/ja/stories/2021/greener-sourcing-fsc/

◆スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 https://www.starbucks.co.jp/
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は、1996年に東京・銀座に日本第1号店を開業。現在、全世界83か国で33,000店舗以上、日本全国47都道府県において1,655店舗 (2021年6月末時点、ライセンス店舗を含む)のコーヒーストアを展開しております。「人々の心を豊かで活力あるものにするために—ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」をミッションに掲げ、約4万人のパートナー(従業員)が、一杯のコーヒーを通じて、人と人とのつながりと心あたたまるひとときを提供しております。2019年2月28日には、世界5拠点目となる「スターバックス リザーブ(R) ロースタリー 東京」をオープンしました。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。