予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

ネクストミーツが「鬼滅の刃」とスペシャルコラボ。シンガポールで代替肉を使ったコラボカレーや焼肉丼の提供を開始

ネクストミーツのプレスリリース

ネクストミーツ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐々⽊英之、以下「ネクストミーツ」)は、世界中で⼤⼈ 気の劇場版「⻤滅の刃」無限列⾞編とシンガポールでコラボレーションし、2021年9⽉27日(月)よりシンガポール国内のドン・キホーテ全店舗でプラントベースのインスタントカレーを、また9⽉3⽇(⾦)より現地で⼈気の和⾷チェーン「Aburi- en」でネクストミーツ丼を販売いたします。

シンガポールで鬼滅の刃とコラボシンガポールで鬼滅の刃とコラボ

⽇本発のフードテックベンチャーであるネクストミーツはこの度、シンガポールにおいてプラントベースのインスタントカレーを発売します。このカレーは、今日までにアメリカ、台湾、香港、オーストラリア、中南米など45の国と地域で上映が行われ、日本を含めた全世界での累計来場者数は約4135万人、総興行収入は約517 億円を記録している「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」とのコラボレーションで発売されます。

⻤滅の刃をテーマにしたカレーには鬼滅の刃のメインキャラクター達の限定版アクリルキーホルダーが各1個同梱されています。この⻤滅の刃とのコラボカレーは、9⽉27日(月)からシンガポール国内のドン・キホーテ(ドンドンドンキ)全9店舗で独占的に販売されます。

また⽇本の焼⾁丼・炙り丼を提供する⼈気和⾷チェーンのAburi-en(https://aburi-en.com/)でも、劇場版「⻤滅の刃」無限列⾞編とスペシャルコラボした「ネクストミーツ丼」(キーホルダー付き)を9⽉3⽇より期間限定で提供しています。
 

  • ネクストミーツのシンガポールでの展開

ネクストミーツはフードテックを⽤いて⾷の領域から気候変動問題に取り組んでおり、「気候変動問題は⽇本だけでは解決できない」との視点から設⽴当初から海外展開を進めてきました。
シンガポールでの販売は今年の4⽉からスタートし、⼈気の和⾷チェーン「Aburi-En」や⽇本でも取り扱いのある「焼⾁ライク」など⽇系レストランを中⼼に展開しています。今年中にはシンガポール国内の⼯場での製造を開始する予定です。
 

  • 日本発のフードテックベンチャー「ネクストミーツ」について

「地球を終わらせない。」を理念として掲げ、気候変動問題に立ち向かうべく、代替⾁の分野で事業活動を爆速で進める。
2017年から共同創業者2名が研究を始め、プロダクト完成の2020年6月に法人化、2021年1月にはSPACスキームで米国のOTCBBに上場を果たす。「気候変動問題は日本だけでは解決できない」との視点からアメリカ、シンガポール、台湾、香港、ベトナムなど海外10か国以上に進出している。
世界初の焼肉用フェイクミート「NEXT焼⾁」シリーズ、100%植物性の⽜丼「NEXT⽜丼」や、鶏肉タイプの代替肉「NEXTチキン」などをこれまでに販売。昨年12月には総合商社の豊田通商とパートナーシップの基本合意を発表。今年3月には、世界のVegTech企業21に日本企業として唯一選出された。
R&Dセンター「NEXT Lab(ネクストラボ)」にて大豆に限らず植物性の原料から幅広い代替タンパクの研究開発に着手しており、10月には自社工場「NEXT Factory(ネクストファクトリー)」の着工を予定している(2022年夏ごろから稼働予定)。

 

  • 会社概要

ネクストミーツ株式会社(Next Meats Co., Ltd)
代表取締役:佐々木英之
所在地:東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビル2F
設立:2020年6月
事業内容:代替肉の研究開発、代替肉製品の企画・製造、通販事業、WEBメディアの運営
ホームページ:https://nextmeats.co.jp/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCckDSZupzEhmcphT5hcy-Aw
Instagram:https://www.instagram.com/nextmeatsjapan/
Twitter:https://twitter.com/MeatsNext
Facebook:https://www.facebook.com/NextMeats

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。