予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

沖縄育ち“ブルーシール”のアイスが“がぶ飲み”になった!

サッポロホールディングスのプレスリリース

サッポロホールディングス(株)のグループ企業である、ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社(代表取締役社長:征矢真一、本社:愛知県名古屋市)は、「がぶ飲みブルーウェーブフロート」を2022年5月16日(月)より、期間限定で新発売します。

がぶ飲みブルーウェーブフロートがぶ飲みブルーウェーブフロート

■人気のアイスフレーバー「ブルーウェーブ」を炭酸飲料でお届け
当社のグループ会社である、沖縄育ちのアイスブランド“ブルーシール”で人気のフレーバー「ブルーウェーブ」の味わいをイメージした、「がぶ飲みブルーウェーブフロート」を発売します。“ブルーシール”は、中高生の修学旅行先としても人気の高い、沖縄県を代表するアイス専門店で、県内の認知度は9割(※1)を越えると言われています。コロナ禍で観光需要が厳しい沖縄で、がぶ飲みとのコラボレーション商品を発売、全国へお届けして、沖縄気分を味わっていただくことで応援したいと考えました。がぶ飲みのターゲットである中高生も、学校行事やイベントが規制されるなど、閉塞感を感じています。この商品を通して、「解放感」と「楽しさ」とともに、アイスの味わいが炭酸飲料になった、「驚き」を提供します。ブルーウェーブの味わいを、炭酸飲料で表現するために、ブルーシールと試作・検討を重ね、アイスのファンの方を裏切らない味わいに仕上げました。パイナップルの爽やかなフレーバーと、クリーミーな甘さを炭酸の刺激と共にお楽しみいただける商品です。パッケージは、ブルーシールのブランドロゴを大きく正面に配し、ハイビスカスの花をあしらった、沖縄を感じさせる開放感にくわえ、がぶ飲みらしい、楽しさのあるデザインで、ブルーシールとがぶ飲みの世界観を表現しています。

ポッカサッポロは、これからもグループをあげて、沖縄県の魅力を全国へお届けすることで、沖縄県を応援していきます。

※1 出典:2019年ブルーシール実施 メーカー別認知度調査より

フォーモストブルーシール株式会社について
1948年、沖縄の米軍基地内で創業。「アイスがもたらす笑顔のために」を企業理念に掲げ、70余年の間、地元沖縄県民をはじめ、沖縄を訪れる国内外の観光客の方々にも支持されている、沖縄を代表するアイスメーカーです。その製品は、アメリカ生まれのオリジナルレシピをベースに、沖縄の高温多湿な気候風土に合わせ、  さっぱりとした味わいの中にもコクがあり、素材の持つ風味を生かした製品へと仕立てております。
https://www.blueseal.co.jp/ 

■ 商品概要

商品名 がぶ飲みブルーウェーブフロート
容量・容器 500ml・PETボトル
希望小売価格 140円(税別)
エネルギー 34kcal/100ml当り
発売日 2022年5月16日(月)※期間限定
販売地区 全国
商品特長 パイナップルフレーバーにソーダの爽快感とクリーミーな甘さが楽しい、
がぶがぶ飲める炭酸飲料です。
アイスクリームが溶け込んだようなまろやかな味わいと炭酸の刺激で、
暑い季節でも心や体が満たされ気分が解放されます。
※無果汁

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。