予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

「ふるなび」で、山梨県甲府市が甲府が世界に誇るジュエリーの魅力発信を目的としたクラウドファンディングの寄附受付を開始。

株式会社アイモバイルのプレスリリース

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口哲也、東証プライム市場)が運営するふるさと納税サイト「ふるなび」( https://furunavi.jp/ )が山梨県甲府市の、甲府が世界に誇るジュエリーの魅力発信を目的としたクラウドファンディングプロジェクトへの寄附受付を開始しました。

《支援の概要》
甲府市は古来、水晶産地であったことがきっかっけで、宝石の研磨や貴金属加工、水晶美術彫刻の技術が発達し、宝飾品を作り続けてきました。また、企画、買い付け、研磨、加工から流通まで全てが揃う世界的にも珍しいジュエリーの集積産地であることから、オーダーメイドのジュエリーを生み出せるという特徴を有し「宝石のまち」と言われてきました。

しかしながら、バブル期3兆円産業であった宝飾産業も、コロナ禍の影響もあり9千億円までに縮小し、県内の事業者も減少しています。マーケットの縮小により、職人の育成を阻み、職人を目指す若者も少ないのです。一方で消費者のニーズは多様化し、これまでの量産品からオーダーメイドを求められる傾向にあるため、それに対応するための人材確保、育成が必要です。

古来より水晶産地として有名な山梨県甲府市 ※画像提供:第11号傾斜式双晶付晶族 山梨大学所蔵古来より水晶産地として有名な山梨県甲府市 ※画像提供:第11号傾斜式双晶付晶族 山梨大学所蔵

《寄附金の使い道》
本プロジェクトへの寄附金は、「宝石のまち甲府」のPRのために活用されます。

(一例)
・東京ガールズコレクション(TGC)出演料
・研磨体験、製作、購入などの経験を通じた認知度向上

実際に研磨体験を楽しむ人々 ※画像提供:山梨ジュエリーミュージアム実際に研磨体験を楽しむ人々 ※画像提供:山梨ジュエリーミュージアム

■山梨県甲府市について
甲府市は、山梨県のほぼ中央に位置し、北に八ヶ岳、南に富士山、西に南アルプス連峰と雄大な山々を望む、南北に長い市町村です。電車、自動車どちらでも首都圏等からのアクセスも良いため、フルーツ狩り、ワイナリー巡り、アウトドアなど多くの観光客で賑わいます。
国産ワイン発祥の地でもあり、現在でも市内には4つのワイナリーがあります。その他にも、盆地特有の気候を活かしたぶどう、いちご、桃などの果物、ほうとうや鳥もつ煮などのグルメ返礼品が大人気です。

甲府のワイナリーを一度に楽しめる“ワイン4種飲み比べセット”甲府のワイナリーを一度に楽しめる“ワイン4種飲み比べセット”

昔ながらの素朴なおいしさが特徴の“ほうとう”昔ながらの素朴なおいしさが特徴の“ほうとう”

■ふるさと納税サイト「ふるなび」について ( https://furunavi.jp/ )
「ふるなび」では、ふるさと納税を通じて全国の市町村に寄附金を集めることで地域活性化を支援しています。
2021年、「ふるなび」は様々なふるさと納税PRをさせていただき『利用者満足度』『利用者メリット』『注目のふるさと納税サイト』の3冠を3年連続で達成することができました。(※)
(※)日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2021年8月期_ブランドのイメージ調査

■「ふるなび」サービス一覧
・ふるさと納税コンシェルジュサービス「ふるなびプレミアム」( https://furunavi.jp/premium/
・あとからゆっくり選べるポイント制ふるさと納税「ふるなびカタログ」( https://furunavi.jp/catalog
・ふるさと納税で旅行に行ける「ふるなびトラベル」 ( https://tp.furunavi.jp/
・クラウドファンディング型ふるさと納税サイト「ふるなびクラウドファンディング」 ( https://fcf.furunavi.jp/

【アイモバイルについて】
アイモバイルは、『“ひとの未来”に貢献する事業を創造し続ける』というビジョンを実現するために、ふるさと納税をはじめとした「コンシューマ事業」と、テクノロジーを駆使した「インターネット広告事業」の2つの領域で成長しているマーケティングカンパニーです。

【株式会社アイモバイル 会社概要】
社名 : 株式会社アイモバイル
所在地: 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.S.ビル N棟
代表者: 代表取締役社長 野口 哲也
設立 : 2007年8月17日
URL  : https://www.i-mobile.co.jp/

【本リリースに関するお問合せ】
株式会社アイモバイル
事業企画本部 自治体サービス事業部
TEL : 03-6674-5604
※現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的としたテレワークを実施しているため、お電話でのご対応を一時停止しております。
Mail: support@furunavi.jp
※メディア関係者様は以下の専用お問合せフォームよりご連絡ください。
https://furunavi.jp/Faq/Contact/Media )

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。