ポケモン+吉野家=『ポケ盛』登場!

金沢カレー初の快挙!「アパ社長カレー 飯田橋駅南店」第9回神田カレーグランプリ2019 第3位入賞!

アパホテルズ&リゾーツのプレスリリース

 アパグル―プ(本社:東京都港区赤坂 代表:元谷外志雄)が運営するアパ社長カレー 飯田橋駅南店は、11月2日(土)・3日(日)に神田カレー街活性化委員会が小川広場(千代田区神田小川町3-6)で開催した「第9回神田カレーグランプリ2019 グランプリ決定戦」に出店し、第3位に入賞した。

アパ社長カレー
https://www.apahotel.com/c/curry/index.html

神田カレーグランプリ2019神田カレーグランプリ2019

 カレーグランプリとは、カレーを提供する店舗が約400店集積する日本有数の「カレーの激戦区」である東京・神田で、選抜された各店舗が1年に1度、神田のど真ん中に一堂に会し、食べ比べをした人の投票によってナンバー1を決めるイベント。アパ社長カレー 飯田橋駅南店は今年2回目の出店となり、神田カレーグランプリ2019限定メニュー「烏骨鶏(うこっけい)半熟卵スペシャル~サクサクキャベツメンチカツ&白トリュフオイルがけ~」を提供し、来場者から好評を博した。

 今回の受賞を記念して、「神田カレーグランプリ2019第3位入賞ありがとうキャンペーン」として、グランプリ限定メニューを11月末までアパ社長カレー 飯田橋駅南店で提供する(販売価格980円税込)。アパ社長カレーは2011年3月にアパホテル直営レストランのカレーとして販売を開始し、2019年10月末現在500万食の販売を達成している。
 

神田カレーグランプリ2019表彰式神田カレーグランプリ2019表彰式

【神田カレーグランプリ2019限定メニュー】

メニュー名烏骨鶏(うこっけい)半熟卵スペシャル
~サクサクキャベツメンチカツ&白トリュフオイルがけ~
商品説明じっくり煮込んだ牛肉と野菜の自然な甘みを引き出した本格派ビーフカレー。
烏骨鶏(うこっけい)半熟卵と揚げたてサクサクメンチカツに、隠し味の
白トリュフオイルが香る一品。
特徴① 今話題の!金沢カレー
② 牛肉と野菜の自然な甘み
③ 白トリュフオイルを使用!
④ コクのある烏骨鶏半熟卵
⑤ 揚げたてサクサクメンチカツ⑥ シャキシャキ千切りキャベツ

 

アパ社長カレー烏骨鶏半熟卵スペシャルアパ社長カレー烏骨鶏半熟卵スペシャル

 

【アパ社長カレー 飯田橋駅南店 店舗情報】

店舗名アパ社長カレー 飯田橋駅南店
所在地/連絡先〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3 丁目1-4
TEL: 03-3237-5111
所在地/連絡先東京メトロ東西線「飯田橋駅」(A5 出口)徒歩2 分
東京メトロ有楽町線・南北線・都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」
(A2 出口)徒歩3 分JR 中央線・総武線「飯田橋駅」(東口)徒歩3 分
メニューアパ社長カレー 680円(税込)、ロースカツ社長カレー830円(税込)等
営業時間平日/11:00~21:30 土曜日/11:00~20:00 定休日/日曜日・祝日

 

アパ社長カレー 飯田橋駅南店アパ社長カレー 飯田橋駅南店

【アパ社長カレー】
 「アパ社長カレー」は、アパホテル直営レストランで生まれた、アパホテル社長 元谷芙美子が自信を持ってお奨めする本格派ビーフカレー。アパホテル発祥の地、石川県の金沢カレーをベースに、キャベツを添えるとさらにおいしくなるカレーとしてアパホテル全店を中心に販売中。2011年3月に販売を開始し、2019年10月末現在500万食の販売を達成している。第9回神田カレーグランプリ2019第3位に入賞し、金沢カレー初の快挙となった。

アパ社長カレー
https://www.apahotel.com/c/curry/index.html

アパ社長カレー 飯田橋駅南店 首都圏第1号店
https://www.apahotel.com/hotel/shutoken/iidabashi-ekiminami/restaurant_01/

アパ社長カレー 御堂筋本町駅東店 関西第1号店
https://www.apahotel.com/hotel/kansai/midosujihommachi-ekihigashi/restaurant_01/

アパ社長カレー 広島駅前店
https://www.apahotel.com/hotel/chugoku/hiroshima-ekimae/restaurant_01/

【アパグループ】
 アパホテルネットワークとして全国最大の551ホテル91,542室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開しており、年間宿泊数は約2,292万名(2018年11月期末実績)に上る。アパグループは2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」では東京都心でトップを取る戦略をとり、東京23区内の直営ホテル数のみで73棟・18,019室(建築・設計中を含む)を達成し、首都圏を中心に全国でタワーホテル4棟・4,262室を含む51棟・18,059室を現在、建築・設計中である。2015年4月にスタートした「SUMMIT 5-Ⅱ(第二次頂上戦略)」では、国内は東京都心から地方中核都市へと展開を広げ、2020年3月末までにパートナーホテルを含むアパホテルネットワークとして10万室を目指す。

■アパグループリリース資料
https://prtimes.jp/a/?f=d18265-20191111-4439.pdf

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。