2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

“おから”の部分まで使用した「まるごと大豆飲料」の『ミルクのようにやさしいダイズ』シリーズ 3月29日(月) 全国でリニューアル発売

大塚食品株式会社のプレスリリース

~すっきり飲みやすくなって登場~

大塚食品株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:白石耕一)は、「まるごと大豆飲料」の『スゴイダイズ』から、『ミルクのようにやさしいダイズ 200ml』『ミルクのようにやさしいダイズ 950ml』『ミルクのようにやさしいダイズ いちご 200ml』『ミルクのようにやさしいダイズ いちご 950ml』の4品をリニューアルし、3月29日(月)より全国で発売します。

近年健康志向の高まりから、国内の豆乳・大豆飲料市場は拡大を続けており、『スゴイダイズ』も2002年の発売以来、多くのお客様にご愛顧いただいております。一般的な豆乳は、大豆から食物繊維などを含む“おから”を取り除いて製造されますが、『スゴイダイズ』は大塚独自の製法で、“おから”の部分まで大豆をまるごと(※1)使用した「まるごと大豆飲料」です。

その「まるごと大豆飲料」に牛乳相当量(※2)のカルシウムを加え、乳成分を使用せずミルキーな味わいを実現したのが『ミルクのようにやさしいダイズ』シリーズです。牛乳を飲めない方でも、おいしく手軽にカルシウムをとることができます。またカルシウムの吸収を促進するビタミンDを配合し、ビタミンDの栄養機能食品(※3)としても、毎日の健康をサポートします。

このたび、『ミルクのようにやさしいダイズ(200ml/950ml)』はより牛乳に近い後味に、『ミルクのようにやさしいダイズ いちご(200ml/950ml)』は甘味料を使用しないやさしい甘さにリニューアルし、どちらもすっきり飲みやすく仕上げました。大豆飲料に魅力を感じながらも味が苦手という方には、特にお試しいただきたい製品です。

『スゴイダイズ』はこれからも、大豆まるごと(※1)の栄養で、皆さまのより良い健康に貢献してまいります。

【製品概要】
■発売日:2021年3月29日(月)
■販売エリア:全国
■販売チャネル:量販店、コンビニエンスストア、一般小売店、ドラッグストア等

※1  大豆粉を使用し、うす皮は除いています。
※2 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」より計算。
※3  ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。

ブランドサイトはこちら:https://sugoidaizu.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。