2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

熊本地震復興支援「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」「水の国くまもと未来予想図プログラム」開始

サントリーホールディングス株式会社のプレスリリース

サントリーホールディングス(株)は、熊本地震復興支援活動「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」の一環として、「水の国くまもと未来予想図プログラム」を実施し、4月14日(水)から募集を開始します。

当社は、地震発生直後にミネラルウォーター「サントリー天然水」約21万本を提供したほか、義捐金1億円を拠出するなどの緊急支援を実施しました。さらに、熊本県内に生産拠点を置く企業として、熊本県の早期復興・再生に貢献したいとの思いから、3億円を追加拠出し、「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」を立ち上げ、「熊本地域における地下水の持続可能性に貢献する活動」「文化・芸術・スポーツを通じた心と体の支援活動」を実施しています。

熊本地震から5年を迎える今年、「地元企業だからこそ地域課題に向き合い、熊本の未来を共創するお手伝いを。」という思いから、地元の学生・子どもたちを対象とした「水の国くまもと未来予想図プログラム」を実施します。本プログラムでは、講義・フィールドワーク・ワークショップなどを通じ、若い世代の方々に「熊本の未来」について学び、考え、体感いただき、最後には、行政(熊本県・御船町・嘉島町・益城町などを予定)へ発表する報告会も実施する予定です。

本プロジェクトの他にも昨年7月に発生した熊本豪雨の復興支援などにも取り組み、熊本県内に生産拠点を置く企業として、これからも地域の皆様を応援する活動を実施していきます。

〈ご参考〉サントリーグループの熊本地震復興支援「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」についてはこちら(https://www.suntory.co.jp/news/article/mt_items/13898-1.pdf

― 記 ―
●「水の国くまもと未来予想図プログラム」概要
※新型コロナウイルス感染症等の影響により、内容変更もしくは中止となる可能性があります。

▼プログラム内容
①熊本地震を「考える」オンライン講義
日時:5月29日(土)・30(日)9時~17時予定
場所:オンライン配信
内容:地元活動家や行政・自治体の方による特別講義
②現場で「感じる」フィールドワーク・地域と「創る」ワークショップ
日時:6月12日(土)8時30分~17時予定
場所:震災遺構(熊本城・東海大学阿蘇キャンパス等)、熊本県内施設、熊本日日新聞社本社(集合解散地)
内容:震災遺構をめぐるバスツアー、「防災」をテーマにした実習
③未来へ「伝える」報告会
日時:6月13日(日)9時~17時予定
場所:熊本日日新聞社関係施設
内容:「熊本の未来」を考えるディスカッションと行政への発表
※本プログラムは、田中尚人氏(熊本大学 熊本創生推進機構及び先端科学研究部 准教授)に全体監修いただいています
※②現場で「感じる」フィールドワーク・地域と「創る」ワークショップには、熊本日日新聞社の子ども会員「くまTOMO」の小中学生も参加予定です

▼応募期間     2021年4月14日(水)~4月30日(金)

▼応募方法
ホームページ(https://zutto-kumamoto.jp/)より、必要事項をご記入の上ご応募ください。

▼応募対象者
熊本県内の大学・大学院・短大等に在学中の方

▼決定通知
有識者・関係各社などの審査を経て、5月中旬に通知予定です。

▼主催   (株)熊本日日新聞社、サントリーホールディングス(株)
▼後援    熊本県、御船町、嘉島町、益城町、南阿蘇村、熊本大学 熊本創生推進機構

▼ホームページ https://zutto-kumamoto.jp/
プログラム内容、応募の詳細、問い合わせ先等はホームページをご確認ください。

 以  上

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。