2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

アルコール製品すべてに純アルコール量の缶体表記を開始~2021年7月より順次開始~

オリオンビール株式会社のプレスリリース

オリオンビールは、純アルコール量を缶体への表記を2021年7月より開始。沖縄県が抱えるアルコールによる健康課題へ積極的に取り組み、2019年末には高アルコール製品も廃止している。

 

350ml缶350ml缶

オリオンビール株式会社(本社:沖縄県豊見城市、代表取締役社長 早瀬京鋳)は、当社取り扱い商品(沖縄県内でライセンス製造・販売するアサヒスーパードライを含む)について、純アルコール量の缶体への表記を開始します。本年7月発売予定のザ・ドラフト沖縄県内限定缶から順次展開し、2022年夏ごろまでにはすべての製品に記載が完了する見込みです。

当社は沖縄県が抱えるアルコールによる健康の課題に前向きな課題解決を、これまでも検討してまいりました。2019年末にはストロング系と呼ばれる高アルコール製品を廃止、優しく楽しめる2%の低アルコール商品ハードセルツァー「DOSEE」の開発など、「お酒は長く、楽しく、健康的に」をモットーに、より良い飲酒文化とは何かを常に模索しております。

2021年3月にはホームページにて商品別の純アルコール量(※)を表示しておりますが、今後は缶体や6缶パックのスリーブ、カートンにも1缶当たりの純アルコール量を表記、適正飲酒の参考値を明示いたします。今後も引き続き、飲酒における社会課題と向き合い、健全で豊かな酒類文化の発展に貢献していくよう、努めてまいります。

■本件に関する報道関係者からのお問い合わせ
オリオンビール株式会社 マーケティング本部マーケティングコミュニケーション課
アドレスorion-pr@orionbeer.jp  TEL:098-971-6350
 

※純アルコール量とは、お酒に含まれているアルコールのグラム数を指します。計算式は以下のとおりです。【容量(ml)× アルコール度数 × 比重0.8】
例)オリオン ザ・ドラフトの場合:350ml × 0.05(5%)× 0.8 = 14g、500ml × 0.05(5%)× 0.8 = 20g (単位はgグラムを使用します)

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。